今年の初めに、XPを購入するためZaifCoinExchangeにビットコインを送金しました。
ビットコインの送金手数料は他の取引所ではだいたい0.001BTCだったのですが、Zaifでは自分で手数料を決めることができました。当時の時価で0.001BTCは約2000円。ビットコインは単価が高いので手数料も高いんですね。
まぁ多少時間かかってもいいやと思い最低額の0.0001BTCで送金しました。普段は必ず送金テストもするのですが、ビットコインは手数料高いしなぁ・・・と思ってテストもせずに。

数分後、トランザクションIDが表示されるのですがこれを見て青ざめることになります。
トランザクションIDをクリックしてB LOCK CYPHERのページが表示されるも「こんなトランザクションは存在しません」と。
何かの間違いだろ!?と思いながら他のサイトでトランザクションIDを検索しても結果は同じ。

調べてみると、どうやらビットコインは手数料が少なすぎるとマイニングしてもらえなかったり、ネットワークに拒否されてしまうこともあるようです。
やっちまった・・・ついにセルフGOX!!!

トランザクションIDが認識されないということは、ネットワークに拒否されたパターンの可能性が高いです。この場合はウォレットに返ってくるようですが、数日待っても返ってきません。
藁にもすがる思いでZaifに問い合わせを投げてみますが、10日間経っても音沙汰なし。

これはもう返ってこないかもな、と半分諦めていたのですが、今日何気なくCoinExchangeの残高を見てみると・・・あれ?なんだかビットコイン残高が多いような?
これはもしや!とdepositeを確認してみるとやっぱり以前送金した分が届いていました。

Zaifから再度トランザクションIDを確認してみると、トランザクションもちゃんと表示されるようになっていました。なぜ急に届いたのかはよくわかりませんが、1/8に送金して1/22に着金。ちょうど2週間かけて届きました。

ビットコインの送金手数料はケチってはいけないな、と心の底から思いました。
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で